消化器内視鏡センター

消化器内視鏡
センターとは

内視鏡センターでは、レントゲン透視室を含め検査室を4室、回復室を備え、上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)、下部消化管内視鏡(大腸)、胆膵内視鏡による安全で質の高い診断と治療を、内視鏡専門医を中心に施行しております。拡大内視鏡、特殊光(NBI)による内視鏡診断や早期がんの内視鏡的治療(EMR,ESD)にも積極的に取り組んでおります。(またスタッフとともに常に安全で苦痛のない内視鏡検査を心掛け、不安感を取り除くように配慮して行っており、高度な内視鏡技術を提供できるよう、常に最新の機器で対応する努力をしております。)

検査項目・
症例について

上部

鼻または口から内視鏡(胃カメラ)を挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。
必要に応じて生検、異物除去などを行います。

下部

肛門から内視鏡を挿入し、大腸を観察します。
必要に応じて生検、ポリープ除去などを行います。

ポリープ除去

大腸内視鏡検査時にポリープを摘除します。
日帰りの治療になりますが、ポリープの性状、数によっては入院可能な施設に紹介します。

鎮静剤利用について

鎮静剤は、静脈から血管内に注射することで、軽く眠ったり、ぼんやりする程度の効果があるお薬です。検査時の疼痛や不快感を軽減できます。

注意

検査後に1~2時間程度の休息が必要です。検査当日は薬の影響が残る可能性があるため、自動車やバイク、自転車の運転はできません。